潜在意識は変化が嫌い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何度かメール鑑定をご依頼してくださっている方から、再度メール鑑定をご依頼いただきました。

ご依頼内容についての詳細は省きますが、最初はお仕事がなかなか安定しない、というご相談から、鑑定させていただきました。
メインガイドからのアドバイスをお伝えして、それを実践していただいた結果、新たなビジネスへのお誘いや、取り扱う商品の提案が舞い込むようになったとのこと。

しかしながら、ご本人はどれを選んでよいか分からない、見極められない、とのご相談でした。

しまいには体調も悪くなってきてしまったとのこと。

これは潜在意識の作用も大きく関わってきています。

潜在意識は「現状維持」が大好きです。このままの状態で生きていられるのであれば、そのままでいいじゃん!と頑なに頑張ります。
現状維持をするために、ブロック(=重し)をたくさん抱えているわけです。

でも、本来魂がこの世に来る際に作った設計図には、節目となる大きな変化が記されています。
それは、潜在意識が嫌う「今この状態を変える」ことです。でも、魂の向上には必要なことですから、ガイドチームも全力で「変化」を後押しします。

そこに、魂と潜在意識のせめぎ合いが始まります。その歪みが顕在意識に上がってくると「悩み」になってしまいます。

潜在意識の方が魂より顕在意識に近いので、潜在意識の「変わるのヤダーっ!」が顕在意識に強めに作用して「怖い!」という感情で出てきます。

これに惑わされるのです。

このお客様は、こういう経緯で持ち上がってきた感情から、目の前の状況を判断することに恐怖を感じてしまっている状況です。

ですが、そこはガイドチーム。この秋、地球全体の波動が上がってきている状況を上手く使います。
その波に乗せることで、そんな恐怖心を乗り越えさせようというわけです。

本来は、自身の魂の波動を自分で上げることで乗り越えることが多いのですが、今回は周りの波動が上がっていることから、状況から魂の波動を引っ張り上げようというわけです。

実はこういう事例、ここのところ、私の周辺の人たちにも表れています。
共通するのは、きっかけになっているのが顕在意識的にはネガティブな状況だということ。一見、辛い、行き詰ったような状況に陥っているのだけれど、外からのきっかけでその状況を受け入れ、そこから状況を変化させようとしているのです。
ガイドチームは敢えてそういう状況に持って行きつつ、それを乗り越えさせるよう働きかけています。

今、環境が変わりそうだけど、これが良いことなのか悪いことなのか分からない、どうすれば良いのか分からないという場合、魂と潜在意識のせめぎ合いが起こっているのかもしれません。

そんな時にこそ使うべきなのが「直観」なんです。

選んだ後、どうなるかなんてことは脇に置いて、勘が指し示す方向に動いてみる。
特に今は、これが有効です。

直観は魂からのメッセージです。潜在意識を飛び越えて顕在意識に訴えかけてくる声です。
この声を聴き分けるには、余計な恐怖心は邪魔です。飛び越えられた潜在意識が放ってきているものですから。

この直観を捕まえられれば、潜在意識が抱えているブロックを外すことにもなります。(=潜在意識がこのブロック捨てちゃってもいいんだと気が付くこと)
こういうブロックの外し方もあるのです。

**★☆★☆ブログランキングに参加してます!★☆★☆**
**★☆★☆ポチっとしてくれると嬉しいです!★☆★☆**


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com