静かな時間を持つことは大事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

桜が咲いたと思ったら、冬に逆戻りしたような寒さ!
北陸や東北では雪も積もったようですね。
桜が楽しめる時期が延びたかな、と思えばまあ良いかと。笑
今日からは暖かくなるみたいですよ。

私の家には、昨年の5月からHDDレコーダーが入りまして、TV番組を録り貯めているのですが、そのおかげもあってすっかり昔のTVっ子気質が戻ってきてしまっておりました。
おまけに、冬アニメもなかなかの良作揃いで、家にいる時はほぼTVがつけっ放しという状態でした。

それが、春分の日を過ぎたあたりから様子が変わってきました。
無音の時間を過ごすことが増えてきたのです。

最初は恐らく、10分と20分くらいの時間だったと思います。
それが30分くらいになった時に、「!?」と気が付きました。

なんともこの無音の時間が心地よいのです。
特に瞑想することもなく、時にはPCに向かってこのBlogを書いていたりもしますが、特に何をしようということはない状態です。
このBlogも半分は無意識、というかあまり考えを巡らせて書いているわけでもなく、感じていることを文字に落とし込んでいるようなものなのです。

それまで、取り憑かれたように見ていたTVを消して、作業するときにラジオもよく聴くのですが、それも決して、ときに決めずにいろいろな事を思う(考えるのではなくて、頭の中に浮かんで消え、浮かんで消えする感じだったり、ぼーっと考えている感じ)ことが非常に心地よいのです。

これって、実はとても重要な事なんです。

好むと好まざるとに関わらず、この世は情報に溢れかえっていて、TVでなくても、ふと目にしたスマホからも、なんとなく開いたPCのブラウザからも様々な情報にさらされています。

この発信されている情報にもさまざまな念やエネルギーが乗っています。
それを最初は跳ね返すこともできますが、浴び続けるとさすがに疲弊してきます。そして侵食されてしまうのです。

ですので、1日のうちのいつでもいいので最低10分くらいは「無音」の時間を作ることをおすすめします。
無音といっても、すべての音を防げというわけではなく、TVやラジオ、ネットからの音や情報を遮断するということです。

もちろんそこから瞑想に入ってもOKです。
むしろ、そうできると自分の中に入りやすくなるので、なお良いですね。

無音の時間を過ごすことによって、自分の魂を休めることもありますが、ガイド達の段取りを無意識が受け取りやすくなるので、これを続けるとそこからの動きが変わってくると思います。
その変化は少しずつなので、最初は気が付きませんが、しばらくして振り返ってみるとその変化に大きな驚きがあると思います。

無音の心地よさを感じてみましょう。

 


今の状況を変えてみたいとおもうのであれば、ここがきっかけになるかも知れません。

冒険家志望のあなたへ


**★☆★☆ブログランキングに参加してます!★☆★☆**
**★☆★☆ポチっとしてくれると喜びます!★☆★☆**


人気ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください