霊が見えるということ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Oh! No! ついに関東地方も梅雨入りしてしまいました。
7月の終わりくらいまで、雨の多い日が続くんでしょうね。
カビとか、食中毒には気を付けましょう!!

その昔、霊感が目覚めた頃から、スピに本格的に入るまで、結構幽霊を見てました。
たくさんの人が行き交う交差点でも、「あれ?」と思って目で追っていくと、すぅっと消えてしまったり、クルマを運転していても、電信柱の後ろからからこちらをじぃーーーっと見ているが見えたり….。

でも最近はほとんど見ません。
チャネリングもできるようになってるんだから、それこそ見えないわけないでしょう!と思われるかもしれません。
確かに、自分やご依頼者様のガイドをイメージとして見たりすることは出来ますが、一般に言う幽霊、不浄霊とか浮遊霊の類は普段ほとんど見えなくなっています。

これは、私自身の波動が依然と変わってきているので、幽霊の波動と合わなくなってしまっているので、見ることが極端に少なってきているためです。
ちょうどラジオのチューニングが合わなくなって、その放送局が聴けなくなってしまう感じです。

ひとえに浄化のおかげです。
浄化を重ねてくると、波動が上がってくるので、特にマイナス思念を持った不浄霊や浮遊霊とは波動自体が合わなくなってきます。
波動が合わないということは、お互いに認識することが難しくなってくるので見えなくなってくるわけです。

霊感が強い方は結構おられますが、幽霊が見えるということで立ち止まってしまうのは、実はちょっと危険なのですね。
ガイドチームがガーディアン的気質が強かったり、非常に力のある存在であれば護られるのですが、そういう方ばかりではないのが実情です。

たまに、全く武闘派のガイドがおられない方もいます。
そんな場合、憑かれ放題になってしまう可能性もあります。

もともと、霊感の強い人は、不浄霊・浮遊霊などからは光って見えるのだそうで、非常に目立ちます。
なので、ふっと寄っていきたくなってしまい、寄っていったら自分を認識してくれる、おまけにガイドは無頼派じゃない、となると、憑いちゃえってなるわけです。そんなのがいっぱいくるわけです。

それを判っていて、憑かれても祓うことが出来たり、祓うすべを知っていれば、そのままうんしょうんしょ抱えて行って、まとめて祓ってしまえば良いので問題ないのですが、祓えない場合は当然、霊障に悩むことが多くなります。

で、霊感が強くても浄化が進んでいれば、波動が違うので、不浄霊・浮遊霊を認識しにくくなるので、憑かれにくくなります。
もっとも、不浄霊・浮遊霊からはそれこそ後光に包まれるように輝いて見えているようですが、寄って行っても認識してくれないので取り付く島がないというわけです。

浄化が進んだ状態でも、幽霊たちを視ようと思えば視えます。練習次第ですが。
いわば、波動を自ら下げて、幽霊たちに合わせてあげるわけです。
私も、たまに場所や人に憑いてしまった霊を確認するに、波動を合わせたりします。
が、この時に完全に合わせることはしません。合わせた瞬間にこっちに向かってきますので。
ぼんやりぴんとがあっていないくらいな感じです。

こっちに向かってきても、私のメインガイドのソナタは、実はかなりの武闘派なので、大抵は問題ないのですが、相手がどの程度のものか判らないですし、あまり、そうやってガイドに迷惑かけてもねぇ、ということで、出来るだけ自衛するようにしています。

よく霊感のある人が、友人などに、なにか霊が憑いてるよ、とか黒い手が乗っているよとか、アドバイスすることがありますが、本当に見えているとは思いますが、ちゃんと訓練というか見定めることに慣れていないと、それが邪悪なものか問題ないものかの判断が憑かないため、いたずらに不安を与えるだけになってしまうので、できれば何も言って欲しくないなぁとも思います。

もし、問題があって処置が必要であれば、ガイドチームが手配をして然るべき所や人につなぎます。
霊感のない人であれば、なおさらガイドチームが働きますので。

それと、基本的に、幽霊が見えても何の得にもなりません。おっかないだけです。笑

**★☆★☆ブログランキングに参加してます!★☆★☆**
**★☆★☆ポチっとしてくれると喜びます!★☆★☆**


人気ブログランキング

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com