運気が上がってきたら自分で動く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月になりましたね。
エイプリールフールであるのを夜になるまですっかり忘れておりまして、何も仕込まずです。笑
そういえば、今年はエイプリールフールの話題が少ないですね。

だいぶ早い桜満開で、エイプリールフールどころでじゃなかったのかも。笑
まあ、いきなりの北朝鮮の軟化みたいに、嘘でしょ!?というニュースが飛び交っていたりするんで、事実は小説よりも奇なりということなんでしょうか。

3月の最終週からエネルギー的にはかなり動きが出てきましたが、4月に入って本格的に波動が上がってきています。

気温が急上昇するのに合わせて、地球の波動も上がってきています。
でも3月同様、津波のような激しい動きではなく、大きなうねりのような感じで、そのうねりの大きさがさらに大きくなってきた感じです。

このような時は、先日お伝えしたグラウンディングをしっかり行って、加えて浄化をすることをおすすめします。
エネルギーのうねりが大きいため、地に足が付いていないとそのままフワフワと持っていかれてしまうので、グラウンディングで魂のアンカーをしっかり打っておいてくださいね。

ところで、数日前、一陽来復のお札が落ちてしまいました。
一陽来復のお札は、東京 早稲田の穴八幡宮でいただだけるお札ですが、冬至、元旦、節分の午前0時に、しかもその年の決まった方角にしかお祀りできないお札です。商売繁盛、金運向上に特にご利益があるというものです。
有名なので、ご存知の方も多いかと思います。

落ちているのを見つけた瞬間は、とてもショックでした。
落ちてしまったお札は張り直し厳禁なので、もう今年はこれなしでやっていくしかないです。
これで、今年の自分の金運はもうおしまいなのかぁ…..orz と凹みましたが、次の瞬間、
「もう今年はこれは必要ない」という情報が下りてきました。

まあ、経済的には新プロジェクトも動き出して、これが始まれば当面は安定すること確定なので、なるほどそうなのかと合点しています。
ここからは自身の力を信じて進めということでもあります。

神様や仏様のお力をお借りするのも、基本的には自分で行動するのが前提ですが、運気が上がって整ってきたら、自分の力を信じることに軸足を置く形になるということです。

逆境にあるときや、運気的に低迷している時には、神様の力や風水やスピ的な手法に対して気持ちを大きく傾けることが多いかと思いますが、運気が上がって安定してきたら、傾けていた気持ちを自分に戻すことも必要だと思います。

結果、寺社仏閣にお参りしたり、お札をいただいてきたりすることが減ることになりますが、それは必要になる神様の力が変わってきて、厳選された状態になるということです。

一番ご縁のある神様や仏様とのご縁は引き続きですが、そこから自身の力を発揮することに重点を置いていくようになるわけで、これまであんなにいろんな神様とのご縁を頼ってお参りしていたのに、自分が調子が良くなったからもういいや、というのは自分勝手な話だと思われるかもしれませんが、そんなことはないのでご安心を。

必要があれば、ガイド達がまた段取ってくれて呼ばれます。
また同じところかも知れないし、全く別のところの場合もあります。

あ、出来れば、お礼参りはした方がいいですね。
運気が良くなると忙しくなることが多いですが、ちょっと落ち着いたところを見計らって、ありがとうございましたとお礼を言いにお参りしてください。

私も、大平山神社や三島大社、阿蘇神社などなど機会を見てお礼参りに行きたいと思います。

**★☆★☆ブログランキングに参加してます!★☆★☆**
**★☆★☆ポチっとしてくれると喜びます!★☆★☆**


人気ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com