粗塩での浄化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の昼間はホント、暖かでした。
打合せだったので、クルマで出かけたのですが、サイドウィンドウから差し込む陽の光で、太腿が暑く感じほど。
ああ、この感覚、春から夏のころのものなのになぁ。また春が短いのかしらん。

父親も一応落ち着いているようですし、こちらは日常を取り戻しつつあります。

さてさて、ちょっと前から気になっていたのですが、以前から塩風呂の浄化をおススメしております。
が、塩風呂は一人ずつ入れ直すのが基本なのですですね。
でも、これって一人暮らしだったら問題ないのですが、家族が居るとそれぞれに風呂を入れ直すのは現実的じゃない。

なんか他に方法はないのか、ちょっとガイドソナタに聞いてみました。

ソナタ曰く、やはり一番効果的なのはそれぞれ一人ずつ新しい塩風呂に入ることなのだそうですが、それが難しい場合、体に直接粗塩を塗るのも良いそうです。

体を洗った後に、粗塩を全身にすり込むように塗ってください。
ただし、強くすり込むとヒリヒリ痛いので、あくまで優しく。強くすり込まなくても効果は高いそうです。

体に塩を直接塗ることに抵抗がある場合、一度使った塩風呂に塩を足しても良いようです。
効果は塗るより落ちるみたいですが、効果はあります。

効果については、

新しい塩風呂>全身塗りたくり>粗塩追加

の順で高いです。

粗塩って、ホント、便利な浄化グッズです。笑

塩風呂にしてもよし、外から帰った時の手洗いうがいもよし、少量を財布に入れてもよし。
家の周りにぐるっとまけば、簡易結界の出来上がり。笑

あ、財布に入れる場合なのですが、紙に包んで入れないと効果がないという説もありますが、私の経験上、ビニール製の袋に入れても問題ないようです。
私は、100均で売っている口が閉められる小さなビニール袋に入れてます。

浄化に使う塩なのですが、スーパーで買ってたままの粗塩でも良いのですが、神棚にお供えしたものを使うとより効果的です。
神様のご神気が入っていますので。

神棚にお供えした塩は、普通に塩壺に移してそのまま料理にも使っています。
余談ですが、お供えしたお米も同様です。
そうすることで、ご神気を食べ物からも受け取ることができますので。

だからかも知れませんが、外食やコンビニやスーパーのお弁当などが多くなると、どうも体の調子が悪いというか、何となくシャキッとしないのです。
最近のコンビニ弁当は、着色料や保存料を使っておらず、そんなに体に悪いものではないのですし、サラダなども付けて野菜不足にならないように気を付けるのですが、どうもそんな感じなんです。

とても身近な塩ですが、浄化にはとても有効です。

 

**★☆★☆ブログランキングに参加してます!★☆★☆**
**★☆★☆ポチっとしてくれると喜びます!★☆★☆**


人気ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com