HMはスピ的に駄目!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台風が通り過ぎていきました。
東京は、台風一過の素晴らしい青空です。

925hPaなんて、とんでもない勢力のまま北上してきたこともあって、一夜明けて各地で様々な被害の報道がされています。
被害にあわれた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

私の家の辺りは、雨は非常に強かったですが、風は強いことは全くなかったです。
むしろ台風が行ってしまった今の方が、風がメッチャ強いです。

この台風、日本中に何となく淀んでいた重いエネルギーを吹き飛ばして、キレイにしていってくれました。
北朝鮮の脅威、突然の総選挙など、かなり日本中が淀んで重いエネルギーに覆われていたようで、それをキレイにするには、今回の台風くらいに強力なものが必要だったのだと思います。

私達個人レベルでも、マイナスなエネルギーをため込んでしまうことがよくあります。
それをきれいにするには、浄化がまず第一の手段なのですが、神社仏閣に行くとか、塩風呂に入るとかという方法以外にも、音楽や映画などでキレイにすることも出来ます。

好きな音楽を聴きまくる、どっぷり映画に入り込んで観る、ということで、自分の気力を上げていくことで、波動も上がっていき、自助努力的にマイナスなエネルギーを祓うことができます。
カラオケで思いっきり歌いまくるのもいいですね。

そんな浄化作用も見込める音楽なのですが、スピの世界ではよくHM(ヘビーメタル)・HR(ハードロック)は聴いてはいけない、波動が下がる、という話を聞きますが、これはとんでもない誤解です。

HM/HRというと、アリス・クーパーやオジー・オズボーン、KISSのメイクなどなどから、悪魔的な印象があるからだと思いますが、それはあくまで表面的な印象からくるもので、音楽のエネルギー的には非常に強いものがあります。

激しいドラムに、うねるような重低音のベース、轟音に近いギターがリフを刻み、ボーカルが叫ぶように歌う、その様はある意味、密教の護摩炊きに近いものがあります。
護摩炊きでも、読経の声はビリビリ響くような声ですし、その周りでは何台もの和太鼓を打ち鳴らします。その一発一発の音でマイナスのエネルギーがはがれていくのが判るほどです。
非常に重く鋭い大きな音は、マイナスなものをきれいにしてゆく作用があるのだと思います。

好きな人は良くわかるかと思いますが、HM/HRを聴いていると、お腹の下の方からグングン力が湧いてくるような感じがします。これはまさに、第2チャクラ(丹田とも言いますね)が活性化しているんです。
第2チャクラは生命力を象徴するチャクラであり、力の源です。丹田に気を込めるのは武道の基本でもあります。
第2チャクラが活性化してくると、体中に力がみなぎってきます。気持ちにも活力が湧きます。

そのエネルギーがワーッと体の中を上がってきて、頭の上からブワッと吹き出す時すらあります。
HM/HRのファンがよくヘッドバンキングしてますが、あれは頭に上ってきたエネルギーをブンブンすることで昇華してるんでしょうね。笑

なので、HM/HRがスピ的に良くないなんてことはないのです。
ファンの方々ご安心ください。笑

ただし、注意しなければならないのは歌詞です。
確かに、一部のアーティストの歌詞には悪魔崇拝のような歌詞があったりするのですが、その歌詞の内容に溺れこんではいけないでしょう。
アメリカの銃乱射の犯人がHM/HRのファンでその歌詞の世界に没入していた、なんて話もありますが、これはホントです。
そういった世界に意識を傾けすぎると、良くない存在に付け入れられるスキを与えることになるし、自分の中の黒い部分を制御できなくなる人も出てきます。

英語が判らない人は、そのまま音楽自体を楽しんでいけばよいし、英語が判っちゃう人は歌詞に意識をあまり向けないことです。

ちなみに、ここ最近の私のお気に入りは、

「UNDER/SHAFT」※音デカいヨ。笑

「ヨルムンガンド  PERFCT ORDER」のオープニングの曲。
正確にはHM/HRのジャンルからは外れてしまうのですが、この鋭いパワー感は同じ部類のもの。

この曲もイイね!

「Red Fraction」

本編の内容もやたらぶっ飛んだ武器商人の話。
スピ的なことばかり感じてたり、考えてたりするとフワフワしちゃうんで、真反対のこういう真っ黒なものも自分に取り入れることでバランスが取れるってことでもありんす。笑

でも、話の内容も壮大なのに、出てくる武器もやたらリアルだし、面白いっすよ。笑

**★☆★☆ブログランキングに参加してます!★☆★☆**
**★☆★☆ポチっとしてくれると喜びます!★☆★☆**


人気ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com