時間の感覚 ~過去記事~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、時間の流れが非常に速く感じられます。

よく、年をとると月日が経つのが早くなるといいますが、どうもそれとは違う感じなのです。
確かに私も30歳を過ぎる頃から、1週間が早いなぁ、などと思うことがありましたが、最近は時間の過ぎる感覚が日によって違うのです。

それが顕著に感じられるようになったのは、ガイド達高次の存在との交流が始まり慣れて来たころからです。
同時に、自分の内面に意識を向けるようになり、自分の潜在意識やハイヤーセルフへの理解を深めようというところでした。
どうも、魂が高次と物理世界(3次元世界)を行ったり来たりしているために、時間の感覚が若干おかしくなったのだろうと思います。

高次の世界での時間の流れは、地球での時間の流れにくらべ大分ゆっくりです。
そもそも、高次の世界では時間は一定の流れ方をしない(常に過去から未来という流れすらバラバラ)ので一律に比較はできないのですが、ともかく流れ方が違うのです。

寝ている間に高次の世界に戻ってガイド達と会議をしているという話をしましたが、チャネリングで交流をし、ガイドとエネルギーを取り扱ったりしていると、魂が高次での感覚にも慣れてしまう(というより思い出す?)ようで、そのまま3次元に戻ってくると、時間の流れがとても早く感じるし、それが一定ではないと思えるのだと思います。

3次元は魂にとっての遊び場なので、高次の世界から見て特殊な世界です。
時間は絶対的な軸として存在して、現在を中心にして未来から過去へ流れができています(正確には出来ているように見ているのですが)。

高次の世界では、そもそも「時間」という概念がないようなのです。
「現在」しかないというか、過去も未来も一緒に存在している世界です。なので、原因→経過→結果という理論が成り立たないのです。原因と結果が同時に存在します。

3次元的に言えば、何かほしい物があって、欲しいと望めばその瞬間に目の前にある、という感じでしょうか。
それが3次元では、欲しい物があったら、何らかの手段を講じて(お金を稼いで、その店に行き、お金を払ってもって帰ってくる等)ようやく自分の手元にある、となります。

魂は、その「欲しい物がある」「手に入れる」の間のメンドクサイ過程を楽しむために3次元に降りてきているのです。
しかもご丁寧に、「ブロック」というあえて動きにくいユニフォームでコスプレまでして。
そのメンドクサイ過程をクリアすれば成長できるので、楽しさこの上ない訳です。

ちょっと話が逸れましたが、誰でも寝ている間にガイドとの高次での会議は行っています。
ただ、スピリチュアル的な気付きや感覚を意識していない状態では、目が覚めたときには完全に3次元の感覚に戻っていますので問題ないのですが、高次での感覚を知ってしまうもしくは思い出してしまうような場合、時間の感覚にズレが生じて3次元に戻ったときに違和感を感じてしまうわけです。決して良いことではありません。
ホントにちょっと気を抜くと3日、4日過ぎてしまいますから。

ただ、3次元全体の時間の流れが速くなっているということもあります。
アセンションで地球全体の波動があがっていますので、その関係で時間の流れが速くなっています。
アセンションでなぜ3次元の時間が早くなるのはまだ私にはわかりません。おそらく4次元へ移行するために時間の流れというものがない世界への融合で必要な現象なのだとは思いますが…。

ともかく、現実世界での生活に支障が出るので、ちょっと意識的に3次元での時間の流れに乗るようにしないとです。汗

あ、ちゃんとこれは最初にペンデュラムに聞いていますよ。
「時間の流れが速いのは、私の怠け心のせいか?」
NOとのことでした。笑(よかった…。笑)

**★☆★☆ブログランキングに参加してます!**★☆★☆
**★☆★☆ポチっとしてくれると嬉しいです!★☆★☆**


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください