がんばらない ~過去記事~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スピリチュアルな世界に入って気づいたことの一つに「がんばらないこと」があります。

どうしても人は小さい頃から「がんばる」ことを強要されてきました。

でも大抵の「がんばる」は「(やりたくないけど)がんばる」のように思います。
そのがんばりは、良いものではないと思います。

結論から言ってしまえば、「やりたいと思うことをがんばる」ことが真の姿なのだと思うのです。
人は自分が好きなこと、やりたいと思うことに対しては驚くような集中力や能力を発揮するものです。
そして、そこにはポジティブなエネルギーが満ち溢れているので、さらに質の高いものになります。

正確に言えば、好きなことをしている時には「がんばる」という意識はないのです。
好きなこと、自分がしたいことをするときに集中して作業する、向き合うのは「当たり前」というか「無意識」なのです。
それを周りの人が見たときに「がんばってるなぁ…。」となるわけです。

私はギターを弾きますが、例えばライブに出るためには少しでも上手く弾けるよう、感動してもらえるよう練習をします。
これがまあ、大変地味な作業です。カバーするならその曲を何度も聴き、1音1音追いかけながら音を拾っていきます。
(私は譜面を読むのが苦手なので、耳コピです。笑)
作曲をするとなれば、もう手探りでコードを探し、メロディを引っ掻き回しながら乗せていきます。
ある程度弾けるようになり、形になったら、今度は音色を作っていきます。エフェクター(ギターの音を色々装飾する機械)の前に座り込み、つまみやボタンをあれこれいじりながらフレーズごとに音を作ります。

この姿は引いて見てみれば、ホントに引きこもりです。

でも、本人は苦しいけど楽しいんです。苦しさは楽しさのためにあることを無意識に判っています。

最初は1曲仕上げるのに何ヶ月もかかりましたが、繰り返すことで段々コツも掴み、今では曲として形にするのに1日か2日あれば十分です。そうしてもっと良いものにするために、それまでかかっていた時間を使うことができるんです。

「でもさ、普通に会社で仕事してたらそんなことも言ってられないよ!(怒)」
とお思いの方も多いかと思います。当然です。
組織の中で働くと言うのは、自分の好き嫌いとは関係ない業務ばかりです。

でも、思い返してください。これまで自分が仕事をしてきた中で、「あれは上手くいったなぁ。」とか「あれはやっててなんとなく気分が良かったなぁ。」とか何かしらあるかと思います。(全くないと言う方は、正直その仕事は「向いていない」と思います。)それがどんな仕事だったか思い出してみてください。そしてなぜそう感じたのか思い出してみてください。
そして、改めて感じ直してください。

そうすると、自分の魂、潜在意識が何を望んでいるのかその糸口が見つかるはずです。

また、思い返してみて、「あれは失敗しちゃったけど、自分の中にはいいものが残ったなぁ。」とか「あの頃は苦しかったけど、今思えばいい経験だったんだなぁ。」とか思えることも大事にしてもらいたいと思います。

どんな仕事の中にも、何かしら「面白い」「楽しい」「嬉しい」と思えることがあると思います。
それが、その人の「特性」だと思うのです。それをどうこれから膨らませてゆくか、それを考えることワクワクしませんか?
小さなことでもいいです。きっかけですから。

大事なのはその「ワクワク」です。魂が喜んでいるのです。潜在意識はその方向に行きたがっています。
今の仕事の中でそれを育てていければベストですし、どうしても無理と言うならば転職や独立をしても良いと思います。
当然、不安はあるでしょうが、それは潜在意識の中にある「ブロック」です。
潜在意識の中のブロックは、変化をさせずできるだけ現状維持をさせいようとします。そのほうが「楽」だと思わせます。
(ブロックについては、これまた奥深い話ですので改めて。)

そのブロックを乗り越えて、一歩踏み出せば、意外にすんなり上手くいきます。
上手くいかない時は、ブロックを抱えたまま走り出そうとしているので、上手く足が進まない状態なのです。

ブロックの外し方も、色々言われていますが、その方法についても後日ご紹介したいと思います。
しかし、まずは自分の特性を見つけて、それを膨らませるイメージを持つことで軽いブロックは解消されていきます。

「がんばらない」で仕事をしたいですね。

**★☆★☆ブログランキングに参加してます!**★☆★☆
**★☆★☆ポチっとしてくれると嬉しいです!★☆★☆**


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください