不正・疑惑・モラルの欠如

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入院生活も終焉に近づいております。
食事もステップアップが進み、今日から全粥になりました。
火曜日のCTの結果が良ければ、普通食になるかその前に退院という運びになるのではないかと期待しております。

ところで、世間では、色々な「秘密」が暴露されていますね。

舛添都知事の政治資金疑惑、三菱自動車の排ガス規制データ問題、パナマ文書、ちょっと前ですが VW排ガス規制データ問題….。

これらに共通しているのは何でしょう。

そう、どれもバレずにある程度の期間続けられてきたことである、ことです。
本人の罪の意識がどの程度かは関係なく、また法律を犯しているか否かも関係なく(おそらくは違法ではないか、グレーゾーンでしょう)、関係者の間では半ば公然の秘密として、続けられてきた「モラルの欠如」です。

しかし、今年に入ってから次々とこういった「モラル違反」が明るみに引きずり出されてきました。
「今まで上手く誤魔化してこれたし、これからも誤魔化し通せる。そしてそれが常識になる。」と思われ行われてきたことが、不正疑惑として陽の下に炙りだされてくる形になりました。
丙の申年は「隠していたことが明らかになる年」だそうで、まさにそんな感じですね。

スピリチュアル的にもこれは偶然ではありません。
現在、地球はアセンションが進行中であり、その経過の中で旧態的な常識の一部は崩れ去ることになります。
次元移行した世界では、それぞれの存在は隠し事が出来ない(お互いの心が見えてしまう)ので、「秘密」が持てなくなります。
つまり、先に述べたような不正が出来なくなる(非常にむつかしくなる)のです。
なので、まずはその状態に現在の人類を慣れさせることが必要であり、そのためにはまず、国家、政治、大きな経済活動でのレベルでの不正を明るみにして、今後はそのようなやり方が通用しないのだということを刻み付けることで、認識させようとしています。

やがて、この傾向はゆっくりですが、個人レベルにも到達するでしょう。
それぞれが属しているコミュニティの中でも、不正が次々明るみに出て是正されてゆきます。
大きいことも小さいことも、「真っ当なことを真っ当に行う」ようになります。自分の欲でズルすることが許されなくなり、やがてそんなことを考えなくなります。そこまで来てようやく物理的にも精神的にもアセンションが成されるということなのです。

疑念、疑惑、不正…。争いの根幹にもなりえるこういった感情の抑制・排除が必要になってきたという大きな流れの中にあるのだと思われます。

まだまだ、時間はかかると思います。10年、20年単位でしょうか。でも確実に前には進んでいます。

**★☆★☆ブログランキングに参加してます!**★☆★☆
**★☆★☆ポチっとしてくれると嬉しいです!★☆★☆**


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください