入院 その11 ~ 回復 ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いやー!今日はきれいに晴れた朝です!
昨日が一日中どんよりした天気だったこともあって、朝からスッキリ晴れるていると、病院のベッドにいることを忘れてしまうくらい清々しい気持ちになります。笑
これで、美味しい紅茶とパンケーキでもあれば最高の朝なのですが….。忘れてました、私はまだ病人でした。笑


というくらい、体は普通に戻りつつあります。
生活リズムも健康時に近づいてきて、ここ2日ばかり、夜12時には眠くなり朝5時に目が覚めるようになってきました。
それまでは、一日中ベッドにいると昼間適当な時間に寝てしまい、おまけにほとんど動かないものだから疲れもしない。
点滴が24時間体制だから、昼間だろうが夜中だろうがトイレが頻繁。ということで、夜の睡眠は2時間位ごとに細切れでした。
それが、普通に4時間、5時間眠れるというのは気分がいいものです。

食事が段々戻ってくるのに従って、点滴が少なくなってくるのは嬉しいのですが、その分お腹が減るのですよ。
まだ食事がお粥中心でカロリー少なめなので、点滴がなくなった上にベッドに寝ている時間がかなり減ってきて活動量が増えたこともあり足りないのですね。
間食しても良いか先生に聞いてみようと思います。笑

こうして段々回復してくると、入院当初の腹痛や高熱の苦しみがまるで他人事のように思えてきます。
喉元過ぎれば….というヤツですね。
あの苦しみに何か意味を求めるという感じはなく、ただただやはり健康なことはいいことだし、大事なのだと改めて思います。
月並みですが…。

以前、過去記事でこの世での身体はクルマのようなもの、と書いたことがあります。
私の身体も、ここにきて結構壊れるようになってきました。
数年毎に大きく壊れて(大病して)入院し、修理(治療)する、ということが出てきました。
修理すれば、それなりにリフレッシュされているので、しばらくは調子が良いですが、そのまま昔通りに使っているとまた壊れます。笑
少し古くなったクルマ同様、ちょっとしたコツやクセを掴んで上手く付き合ってあげれば、まだまだイイ走りします。笑

クルマで言えば大体、7万~8万km走った頃合いでしょうか。
いい塩梅で各部が馴染んだ一方で、あちこち痛みが見え隠れ。そんな感じです。
ここからは、日頃のメンテナンスにちょっと気を付けていけば、大きな故障になる前に不具合は見つかるし、ご機嫌よく走ります。
外装だってまだ磨けば捨てたもんじゃないですよ。笑

そう考えると、今回の入院はリフレッシュとしての意味合いも大きいのだと思います。
だから、そんなに悲観的にならないのかも知れません。

自分の体に愛着を持って暮らすことが、自分を愛でる一つの方法でもあると思います。

**★☆★☆ブログランキングに参加してます!**★☆★☆
**★☆★☆ポチっとしてくれると嬉しいです!★☆★☆**


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください