驕り ~過去記事~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちまちまと、過去記事も引越しさせていますが、一応時系列順に持ってきていますので、右メニューのカテゴリで「過去記事」を選んでいただければ、一覧で表示されます。一応、念のため。


ここ最近、チャネリングから、クリアリング、プロテクション、ヒーリングと、いくつかの能力を得ることが出来ました。

しかし、昨晩、いつものようにガイドを呼び出してみても、誰も来ません。何も聞こえません。
ハイヤーセルフも呼んでみました。結果同じ。

どうやら、チャネリング能力を封印されてしまったようです。
ダウジングで状況を確かめてみると、やはりチャネリングが出来ない状態。
チャネリングを封印しているのは、私のハイヤーセルフでした。
もう、プチパニックです。

とりあえず、塩風呂に入り浄化をしてみましたが、状況は変わらず。

チャネリング講座のBlog主に相談すると、その方のハイヤーのハイヤーが幾つかヒントをくれました。

落ち着いて考えてみると、答えを性急に求めて過ぎたのだと思い当たりました。
チャンリングしようと思ったのは、自分の使命は何なのか聞きたかったから。
ただ、昨日の夜はブロック解消の遠隔ヒーリングを受けていて、私のエネルギーに大きな影響があった状態。
そこで、通常通りにチャネリングをすることは良くないという判断があったので、答えなかったようなのですが、そこで私がプチパニックを起こし、他の人にまで助けを求めて事態を変えようとしたその性急さにハイヤーが怒ったのです。

ダウジングで確かめた際に、ハイヤーはペンデュラムを通して、

「チャネリング能力がなくなったわけではない」
「一時封印した理由は、後で説明する」

と伝えてくれていたのでした。
私はそれを無視して、他人まで巻き込んで「早く教えてくれーっ!!」と大騒ぎしていたのでした。

相談した際に、思い当たることがあれば、声に出して自分のハイヤーに謝りなさいと言われたので、「信じて待てなくて、ごめんなさい。」と何度も声に出して謝りました。
そると、「もう、いいよ。」と聞きなれた声が。
同時に暖かい安堵感と涙が出てきました。
まるで、まだ子供のころ、親にこっぴどく叱られて、その後許してもらったときの安堵感です。

私の意識のどこかに、ここにきて急に開花した能力に対する驕りがあったのだと思います。
それがあって、前のめりに事を無理やり進めようとする、その心理を諌められたのです。

能力を得たら、それだけ謙虚にかつ平常心、バランスを保たねばならないと思い知らされた出来事でした。


今となっては、ちょっと懐かしい話。
でもホントに焦りました。物にはやはりタイミングがあるし、ちょっと待て!と言われたら素直に待つほうがいいみたいです。笑

**★☆★☆ブログランキングに参加してます!**★☆★☆
**★☆★☆ポチっとしてくれると嬉しいです!★☆★☆**


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com