パーソナルリアリティー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

amazonのFire TV Stick 買っちゃいました。笑

今まで、主にネット動画はiPadで観ていたのですが、最近、Fire Stick TV のTVCMがやたら目に付いて…..。
やはり大画面で観れるのはイイですね!それにさすが動画配信の再生に特化しているだけあって、ストレスの無い操作感が嬉しいです!

これ、特にamazonプライムに加入している人であれば、絶対買いだと思います。(プライムビデオ、見放題ですものね)
amazon以外も、無料であればGYAO!やYouTubeも、有料ですがHuluに加入していればこちらも視聴できます。
リモコンもよくできてますし、説明書なしでバッチリいけます。

で、調子に乗って暇さえあれば、かじりついて観ているわけなのでですが、その中でGYAO!での視聴期間が迫っているということで、今週は「とある科学の超電磁砲(レールガン)」週間になっております。

このアニメ、原作はライトノベル「とある魔法の禁書目録(インデックス)」からのスピンオフ作品です。
舞台は、超能力を科学的に解明された世界でして、話の中で超能力形成の土台であるのが「パーソナルリアリティ」であるとのことです。
これを理解するのに量子論が絡んできて、確率論が共通認識とあるので、「シュレーディンガーの猫」の話で……、いやそっちに行ってしまうと、あらぬ方向に深掘りすることになるので、軌道修正。

「パーソナルリアリティ」=自己現実。超能力を発揮するにあたって、自分の世界を確立することが第一歩ということなのですが、これはそのままスピの世界にもいえるかと思います。
そもそも、自分の周りにある現実世界は、自分が作り出したものであるのに過ぎないわけで、それをきちんと認識するかしないかで、自分の能力を発揮できるかでいないかにも関わってくるかと思うのです。

量子論の中で、物理力学世界との大きな認識の違いは、確立論です(あれ、もどっちゃった…。汗)
「シュレーディンガーの猫」では、乱暴に要約すると、中の見えない箱中の猫は「死んで」いるのと「生きて」いきているのと確率的にはどちらもありえる、つまり「死んでいる猫」と「生きている猫」は箱の外から観ている「今」では、同時に存在している。そして、箱を開けて生きているにせよ、死んでいるにせよ状態を確認したところで、どちらかに「確定」されるというもの。これは思考実験ですが、量子論での有名な実験です。
つまり、観測者が猫の状態を観測した時点でその結果が決まる(=確定する)というもの。

ということは、この世界も、私たちが見ているから確定しているだけの話であり、実際のところは様々な状態は同時に存在しているわけです。
逆を言えば、私たちが観測するからこの世界が確定し、形成されるということになります。

スピの世界で、「この世は自分が創っている」というのはこの辺りに符合するものだと思うのです。
スピリチュアルでは、この現象をいわば感覚的に捉え、理解しているのですが、科学の世界も量子論によって学術的に説明もでき始めているんです。

「パーソナルリアリティ」もそんな理論に基づいた現象の捉え方(いわば表現の仕方)であり、超能力とはいわないまでも「引き寄せの法則」なんかも、自分が創っている世界なんだから、自分の望むものがやってくるのは当然の話。法則と言ってもいいというわけです。

ただ、私たち自身がそんなに単純には出来ておらず、顕在意識、潜在意識、魂の目的(志向)などなど、いろいろ絡んでしまっているので、「これが欲しい!」と思っても、そこにいろいろな要素、まったく逆の要素までからんでしまうので、それが現実化された形はまったく違うものだったり、逆の形で現実化することになってしまうわけです。

なので、求めるものに余計な要素を排除するために「ブロック解除」があったり、アクセス・バーズがあったり、「自分は完璧」のアフォーメーションがあったり、様々な手法があるのですね。
たくさんある手法の中で、その時のその人の状態・状況に合わせたもので取り組めば。よりクリアに自分の現実を創ることが出来るわけです。

その手法を選ぶには、どうすればよいか。量子論的に分析を重ねて….という科学的なアプローチがあれば結構確信をもって選べるのですが、残念ながらまだそこまで量子論はスピリチュアルな世界に寄っているわけではないし、もし解明できたとしても、それを理解して利用するには科学者レベルの学問探求が必要になります。
ちょっとそれは非現実的(?)ですよね。
なので、スピリチュアル的なアプローチの方が、まだ今の私たちにはやり易いわけです。

で、どうすれば良いかと言えば、「直感」に従うことです。幾多あまたある方法の中のいくつかを選ぶ際に、自分に合っている、今必要なものを選ぶには「直感」に従うのがもっとも有効でしょう。その直感には、私たちを俯瞰で見ることのできる、頼りになる相棒「ガイドチーム」からのサインも含まれます。

その「直感」も、マイナスなエネルギーを抱えた状態では上手く情報をキャッチできません。潜在意識のスイッチともなりえる顕在意識がネガティブな状態になってしまい、直感センサーが曇ってしまって正しい判断が出来ない状態です。

なので、必要になってくるのが「浄化」というわけです。マイナスなエネルギーを祓って、直感センサーをクリアにして、正しい情報を的確に受けられる状態にするわけです。

結局この世の現実は自分が創っているいる以上、どうにかできるのはその人のみなわけで、「自分で動かないと何も始まらない」というのもここにつながるわけですね。

本当に日本のアニメは、スピリチュアル的に観ていると、気付きの宝庫です。
それを創っている人たちは、確実に高次の情報をふんだんに降ろされて、理解しやすいように噛み砕いて表現してくれているんですね。
それも、恐らく無意識に….。

**★☆★☆ブログランキングに参加してます!**★☆★☆
**★☆★☆ポチっとしてくれると嬉しいです!★☆★☆**


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング

パワー水素 イラチューカプセル90

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com