人間万事塞翁が馬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人間万事塞翁が馬」(じんかんばんじさうおうがうま)

ちなみに、「にんげん~」と読まれることが多いのですが、正しくは「じんかん~」です。
由来については、こちらに詳しいので、ご参考まで。

この言葉、実は1ヶ月ほど前から、何度も聞いたり会話に出てきたりしていました。
今回の怪我の際にも耳にして、「またか」と思いましたが、今回の怪我もそういうことなのか、と気がつきました。
何がどう展開するのかはまだ判りませんが、そういうことなんだと思います。

前職のホテル/スパの運営会社で、私を引っ張った社長が更迭され、コンサルティングが会社運営を行うことになり、私は経営サイドから現場に移されたことは前に話しましたが、これが正に「人間万事塞翁が馬」でした。

この会社は私にとって初めてのサービス業。接客の経験なんて、大学の時のスキーショップとガソリンスタンドのアルバイトくらいです。
そんなずぶの素人でしたが、文句を言う間もなく現場に放り出されました。
ホテルのクローク、宴会のホール、バックヤード、スパレストランのホール、フードコート…….送迎の運転手までやりました。
もうお辞儀一つとっても、見よう見まねで実地で覚えていきました。
それでも、1年半もやっているとそれなりにサマになってくるものですね、ますますあちこち駆り出されるようになっていました。

そのおかげで、接客業が面白いと思えたのは財産ですし、顧客との接し方が学べたのは嬉しかったです。
また、昨年亡くなった叔母のお通夜、葬儀と受付に立たせてもらったにですが、その際に「さすがホテル勤めしていただけあるわね。そういう佇まいの人が受付にいるだけで場が締まる。」と喜ばれたのは、意外でしたし、経験が役に立てて嬉しい出来事でした。

こういったことは小さなことですが、小さな自信でもありまう。これが集まれば自分を自分で肯定できる根拠になります。
するとポジティブになり波動が上がり、物事が上手く回るようになります。

最初は「現場なんて、素人の自分が立って良いわけがない。お客様に失礼だ。」と思っていましたが、それでも、お客様の笑顔や感謝の言葉に接していくと、「自分にもなんとか出来るかもしれない。」と思ったら現場も楽しくなりました。(もちろん、クレームやお叱りも受けたりもしました。)
少なくとも今の私とっての大きな経験の一つになっています。

このことわざは、実はポジティブに波動を上げる呪文なのかもしれません。

**★☆★☆ブログランキングに参加してます!**★☆★☆
**★☆★☆ポチっとしてくれると嬉しいです!★☆★☆**


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com