セッションでのガイドからのメッセージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セッションでは、ご依頼者の方のガイドの方は、最初はあまり多くを語ってくれないことも多いです。
その代わり、伝えたいことの核となる言葉をまずボンッと言ってこられれます。

そこから、ご依頼者さんとの話を深めていく中で、「そうそう、そのことについてもう少し説明してあげて!」とか、「ああ、それについてはそれ以上はストップ!」とガイドの方も段々口数が多くなってきます。笑

メインガイドの方が主に話をしてくれますが、他についているガイドの方が割って入ってくることもあります。
付いているガイドの方々(大抵4~5人付いてます)もそれぞれ役割がありますので、自分の担当分野になるとメインより前に出てきて話されることも多いのです。

セッションの終盤にいつも思うのですが、複数のお悩みを持って来られても、ほとんどの場合、最初にボンッと言われたことにつながってくるのです。
最初に言われるので、そのときはそれが核のメッセージだとは判らないのですが、終わりに近づいてくると、最初の言葉に戻っていることが多いのです。
そこで「ああ、やっぱりこれが問題の核で、メッセージの核なんだ。」と気が付くわけです。

そこに付随する形で、追加メッセージがある場合、タロットで示されることもありますね。
核のメッセージの裏側にあるものというか、核のメッセージを補完するかたちで「こうすればいいよ」というような感じのものです。

また、ご依頼者の方のガイドからのメッセージをご依頼者ご自身が受け入れるのに、ご依頼者のブロックが邪魔になってしまっている場合もあります。
ご依頼者のガイドの方から「この子のブロックをまず外して。」と言われるパターンもあります。
そんなときは、そのブロックを取り除くワークも行います。とりあえず受け入れることができる程度まで解除してゆきます。
時間的な関係もあり、またブロック解除を目的とするセッションではないので、本格的なブロック解除ではないのですが、核のブロックを外す必要があれば深堀りして外す方法をお教えします。

いずれにしても、ご縁をいただいた方々には私自身もいろいろと気付かせていただいており、ありがたく思っています。
ありがとうございます。

**★☆★☆ブログランキングに参加してます!**★☆★☆
**★☆★☆ポチっとしてくれると嬉しいです!★☆★☆**


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com