ガイドの配置換え!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日ある方に、チャンリングの能力として、ハイヤーのハイヤーと自然につながれることが必要と言われまして、塩風呂につかりながら、私のハイヤーセルフである るんに、ハイヤーのハイヤーを呼んでと頼んだところ…..。

龍!?

なんと、龍が出てきました。ヌっと顔と前足を出してきます。
ハイヤーのハイヤーが龍!????
聞いてみると、ハイヤーのハイヤーではないとのことで、名前は「青龍(せいりゅう)」とのこと。

元々ガイドで龍はついていたのですが、会話は交わしたことはなく、名前も知らず…。
どうやら、その龍が前に出てきたようです。云わばガイドの配置転換みたいなものです。
でも、メインガイドはソナタで変わらず。ビジネス担当のガイドがちょっと後ろに引いて、青龍さんがその辺も含めてスピ的な部分も合わせてご担当とのこと。
(あれ?弁財天様はどこ?と思ったら、出たり入ったりが多いので青龍さんメインでそのサポートだそうです。そうですか。)

付いている人の状況によって、ガイドチームの配置も変わることが良くあります。
基本的にはメインガイドは変わりませんが、その状況に合わせて得意なガイドが前面に出てきます。

青龍曰く、元々公示の存在は、高次になればなるほど光みたいな姿で存在しており、龍の姿も判りやすい形で出てきただけとのこと。
(龍が判りやすいかどうかは、ちょっと別問題のような気もしますが、まあ置いといて。笑)
ともかく、今、私はハイヤーのハイヤーと話をする必要はないとのこと。そのときは自然にくるからその時で良いそうです。

で、昨日、これまた別の人のSkypeワークショップに参加したのですが、その中でテーマから話が逸れて龍の話になりまして。
その方曰く、龍は天使や神様と言われる存在よりも高い次元にいる存在なのだそうです。
ちょっと私も突然の登場にびっくりしたのと、今まで会話していなかったのもあって正直若干疑っていたのですが、青龍さん、どうもこの話を聞かせたかったご様子。笑

わかりました。信用します。笑
宜しくお願いしますね、青龍さん。(^ ^)

しかし、本当に最近つくづく思います。
日ごろ、天使だとか神様だとか言っているのは、高次の存在が私達が理解しやすいよう、納得しやすいように人に似せて見せているんだなぁ、と。
それ以上の存在になると、人も飛び越えて伝説の動物(?)に見せる。龍とか鳳凰とか…。
ただの光じゃ、何が何だかわからないですものね。笑

**★☆★☆ブログランキングに参加してます!**★☆★☆
**★☆★☆ポチっとしてくれると嬉しいです!★☆★☆**


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com