つながっていることの確信 ~過去記事~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャネリング封印事件は、私にとっては非常にショックな出来事でした。

チャネリングを体得してから、「本当に自分はガイドやハイヤーの声を聞けているいるのだろうか」という思いの裏側では、「自分なりの体感もあったし、大丈夫。聞けている。」という思いもありました。

ただ、絶対的な「確信」はなかなか持てませんでした。

そんな中、起きたチャネリング封印。

本当に何も聞こえませんでした。
ただ、ガイドやハイヤーの気配、存在感のようなものは感じていたので、最初はただ黙っているだけかと思ったのですが…。いつもと感じが違うんです。

いつもは、後頭部右側あたりから声が聞こえるし、その声はハートで感じられるものなのですが、この時は全くの「無音」でした。ガイド達の気配も自分の背後の離れたところに感じます。

「つながっていない」というのはこういう感じなんですね。

つながっていない状態を改めて知ることが出来ました。

ショックな出来事ではありましたが、後々考えてみれば、それによって「つながっている」ことの確信をもらったのでした。

当然、今回の事件は他にも大きな意味もあるのですが、こんな意味もあっだなぁ、と思った次第なのでした..。

**★☆★☆ブログランキングに参加してます!**★☆★☆
**★☆★☆ポチっとしてくれると嬉しいです!★☆★☆**


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com