スピリチュアルガイドリーディングと占いの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セッションで提供させていただいている「スピリチュアルガイドリーディング」ですが、占いとは違うものなんです。
(占いが間違っているというのでなく、あくまで別種のものということです)

スピリチュアルガイドリーディングは、依頼者様のガイドに聞きたい内容を、私のガイドが聞いてきて私を通してお伝えするというものですが、未来予測という意味での占いではないのです。

ガイド達はついている人が生まれてくる前に書いた設計図の内容は知っています。
が、基本的にそのものズバリの結果は正直教えてくれません。ただし、そこに行き着くためのヒントはもういくらでも出してくれます。
ただ、重要なのは行動することです。ヒントをいくらもらっても何もしないでいれば正しく目的地には着けません。
大きな意味では方向指南が未来予測に入るかもしれませんが、占いは統計学的に積み上げられたものが基本にあり、その人の人生の設計図とは直接的に関係しません。(ガイドが、サインとしてその占いの結果を見せるということは大いにあり得ますが)

人生の設計図は、大きな河のようなものと考えていただければと思います。(この話は以前もしたかと思いますが今一度。)
私達はその大きな河を船で下っているようなものです。
ですので、その大きな川の右端を下ろうが、左端を下ろうが、真ん中を行こうが、大きな流れにのっていることには間違いありません。その河の先に設計図の目的地があります。
ただ、真ん中だと流れが緩やかなのだけど、端の方では流れが速く、船を操るのが難しい、ということがあったり、真ん中でゆったり行ってたら、突然大きな岩が出てきたりします。
流れが早いところに入ったり、緩やかなところに入ったりというのは、自分の舵次第なのですが、緩やかなところばかりだと目的地に着く前にタイプアップ(=肉体の寿命)になってしまったり、流れの速いところばかりだと、危険も増します。岩が出てきたときに避けきれないかもしれません。
また、この河は幅がかなり広く(見える)、ともすると自分が今どこにいて、どういう状態にあるのかよく判らなくなることもしょっちゅうです。

そんなときに、きちんと河を下れるようガイド達が導いてくれてくれているわけです。
ただ、昔に比べて今はちょっと全体に河の流れが速めになっています。それだけ舵を取るのが難しくなってきているのですね。
また、自分の位置を見失うことも多くなっていると思います。
なので、より明確にガイドの導きが必要なケースも増えてきているのです。

チャネリングができる人も増えてきていますが、もちろん全員じゃありませんので、私のような立場の人間がお手伝いさせていただくわけです。
ソナタ曰く、他のガイドからのお問合せが増え始めているとのこと。
なので、なんだか気になるという方は、お気軽にご相談ください。

セッションでお伝えするのは、「これがこうなる」という未来予測的なものではなく、「これをこうする」というアドバイス的なものが中心になります。
もちろん、その結果どうなっていくのかというのも、ガイドの許す範囲でお伝えいたします。
セッション中にタロットカードやも使用する場合もありますが、タロットはイメージをより的確にするためのものです。
なので、タロットカードを使用してもそれは一般にいうタロット占いではないんです。

ガイド達についても、情報量を増やしていこうと思います。

**★☆★☆ブログランキングに参加してます!**★☆★☆
**★☆★☆ポチっとしてくれると嬉しいです!★☆★☆**


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com