2月のデトックス<自分編>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、久しぶりにジムに行ってきました。
1月、2月は全く行けてなかったので、2か月ぶりの筋トレの後遺症が….。
でも、それほど痛くない筋肉痛なので、どこか心地よい(!?笑)

でも、11月まではジム通いも生活の中に溶け込んで、上手いこと習慣になっていたのですが、12月に入って年末進行に押し流され、段々と回数が減り、年が明けたら、すっかり習慣が崩れていました。

そうしているうちに、2月になり、今度はクルマの問題でどうにも足が向かず、ついには一度も行きませんでした。

で、3月になった途端、クルマの問題も解決。スケジュール的にはまだ忙しいけれど、それをなんとか押しのけてまた通う気持ちがムクムクと。

やはり、2月は心身共にお休みタイムだった?

1月、2月は、本当に精神的にも肉体的にも不活発でした。

Web関連の仕事も、どうも進みが悪いというか効率的でじゃないし。そうそう、特に2月はヤル気スイッチを何処かに落としてしまい、ず~~っとアイドリングだった感じでした。

ただ、クルマ関連のことについては、結構テキパキ動いてましたね。笑
不思議とチャキチャキ物事が進み、探し物が見つかり、いろいろハードルはありましたが、結果的にはそれほど苦労することなくクリア。

で、車検も2月末日に決着し、Webの仕事も山積みですが、段取りが3月になったとたんにパパパッと整ってきたんです。
それまで「あ~~~、あれもこれもまだ進んでないのに、これまで来るの!?」とまさに五里霧中状態だったのに。

2月は、エネルギー的には穏やかだったのですが、やはり魂・身体共にデトックス期間だったのだと思います。
地味にヤラレている問題、ゴチャゴチャしたもの、そういったものを少しずつ紐解いてゆく期間。

3月からは、また大きなエネルギーのうねりが来るので、そのうねりに飲み込まれないようにするための準備期間、休憩タイムだったように感じます。

3月は春分の日に向かって、エネルギーが大きく動いてきます。
人によっては天地がひっくり返るような変化があるかもしれません。ただ、その動きはゆっくりなので、気が付いたらひっくり返ってたという感じです。桜が咲くころに気が付くと思います。

デトックスと言えば、年に数回、玄米を食べたくなるんです。
玄米を食べると、身体の中の悪いものが落ちる感じがするんですね。
それが昨日でした。

玄米って、そのままだと実は毒があるらしい(それほど強いものではないですが)のですが、水に24時間ほど浸けてから炊くと毒性が消えるのだそうです。発芽状態にすることで毒が抜けるのだとか。

発芽モードに入った玄米は白米よりパワーがあるし、外側の殻は胃や腸の中の余計なものをタワシでこするように取り除いてくれる感じがするのです。(※医学的な根拠はありません。私自身の印象なのであしからず)

そういう意味で、3月に入っていきなり玄米!!ってなったのは、2月までにウダウダ溜まったものを一気にそぎ落とすためだったのだと思います。
2月は不活発なお休みモードだったので、良くないものも落としきれてないので溜まりやすいわけです。

ちなみに、玄米炊いた朝、神棚にお供えするお米を玄米にしますか?と神様に聞いてみると、

「いいや、白米が良い」

ときっぱり断られました。笑
神様にデトックスは必要なかったみたい。笑

私の場合は玄米でしたが、それぞれデトックス食品があると思います。
たまに急に食べたくなるもので、穀物、野菜ものはその可能性が高いです。
ちょっと前の自分の状態を見返してみて、そこからちょっとアクティブになろうとしている時だったらほぼ当たりですね。

身体のメンテナンスは、魂の乗り心地を良くすることでもあるので、やはり大事ですね。
古い、新しいではなく、経てきた時間に合った乗り心地があります。その時に気持ちの良い乗り心地にしたいものです。

 

**★☆★☆ブログランキングに参加してます!★☆★☆**
**★☆★☆ポチっとしてくれると喜びます!★☆★☆**

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com