熊本で神社参りとアクセス・バーズ その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセス・バーズのご依頼で、熊本に行ってきました!!
ご依頼者様のおはからいもあり、とても良い旅でした。

実は九州、熊本というのは、私のとってご縁がある土地です。
チャネリングが出来るようなるきかっけをいただいたのも熊本の方でしたし、元妻の実家が宮崎の都城なのですが、元義母は熊本人吉の出身で、人吉の家にも何度も行っていました。
社会人になって初めての上司の課長は、社会人のなんたるかを教えていただいた恩人なのですが、この方が鹿児島の阿久根(鹿児島でも熊本に近い)出身で、奥様が熊本出身。お宅にもよくお邪魔していました。

そんな熊本なのですが、アクセスバーズのご依頼があった時は驚きました。
まさか、また熊本に行けるなんて思いもしないことでした!!
せっかく、熊本まで行くので、熊本の神社も回りたいと2泊3日の旅となりました。

熊本は二度目なのですが、前回も阿蘇を回ってみて感じたのは、やはり「肌に合う」場所だということ。
初めて来た感じがしないのです。自分が土地のエネルギーに馴染んでいるというか、アウェー感がないのです。

今回、アクセス・バーズをご依頼されたのはお友達同士の3名様。施術の場所が天草ということで、熊本空港から天草まで車で連れ行ってくださいました。
途中で寄ってくださったのが、郡浦神社。

郡浦神社には、蒲智比咩命(かまちひめのみこと)が祀られています。
この蒲智比咩命は、宗像三女神の長女、多紀理比賣命(だぎりひめのみこと)の生まれ変わりと言われており、国造神社の主祭神、速瓶玉命(はやみかたまのみこと)の奥さんでもあります。
また、阿蘇神社直系の神社ということで、阿蘇神社の主祭神 健磐龍命(たけいわたつのみこと)もお祀りされています。

この神社に近づいてきたとき、突然「この風景知っている。」と感じました。
どうやら過去生でこの神社に来ているようです。この神社の周辺は昔ながらの農村のようで、あまり景色が変わっていないので思い出せたのだと思います。
特に道に面した鳥居に懐かしさを感じました。
ただ、この辺りに住んでいたというわけではなく、この神社によく来ていたという感じです。
熊本の土地にアウェー感がないのはそういうわけか、と妙に納得したのでした。笑

アクセス・バーズは、今まで3名様を一気にということはなかったのですが、全く滞りなくできました。
さすがに疲れるのかな、と思いましたが全く疲れるということはないです。
また、その人ごとにポイントで流れるエネルギーの量や感覚が違うのが興味深いです。それぞれ、外すべきものが違うので当然といえば当然なのですが、連続で行うとそれが如実に判るので面白いです。
アクセス・バーズは、受けられている方の邪魔になっている思考や思い込み、潜在意識にある必要ない重し、いわゆるブロックといっていいものですが、そういったものを、頭にある32個のポイントを押して取り除いてゆくものなのですが、その人によって、効果の出方やその現れるスピードには大きな個人差があります。

今回の方でも、施術した直後から効果が表れた方もおりまして、ちょっとせわしない状況などでイライラしていたのが無くなったとのことなのです。
これはかなり早いケースで、ちょっと驚きました。(今回受けた別のご友人が、施術後この方と電話で話してても印象が違ったと話されていました。)

大抵は、1,2週間~1ヶ月くらいから効果が見え始めることが多いです。
自分の物の見方、捉え方がなんとなく変わってきたことを自覚する形が多いです。「あれ?自分はこんな風に思って(感じて)たっけ?」という感じです。
ブロックが外れることで、これまでの物の捉え方が変わってくるためです。
いつも、先の事を心配して落ち着かなかったのが、今このときを淡々とこなすことにフォーカスできて、心が安定してくる、といった具合です。
もちろん、その人その人で抱えているブロックと、取り巻く状況が違いますので、様々な形の自覚がでます。

自分では、それほど自覚といえるものがなくても、気が付いたら周囲の状況、環境が変わっていてビックリ!という方も結構います。
それも実は、その人がブロックを外して行動したので、周囲の環境に対して作用した結果というわけです。

アクセス・バーズは2~3ヶ月毎に3回受けていただければ、かなり効果的です。

その日は、地元の居酒屋さんで天草の鮮魚とちゃんこ鍋を堪能しました。
いや~、あのちゃんこ鍋、本当に美味しかった!今まで食べたちゃんこで一番ですね。

翌日は天草を案内していただきました。

まずは、やはり天草といえばキリシタン。津崎天主堂です。
こじんまりした漁師町にある、ゴシック様式の教会。中にも自由に入れます。
歴史のある教会は落ち着いた雰囲気ですね。ただ、ここでは神社で感じるようなエネルギーは感じませんでした。
キリスト教の場合は、礼拝の時に降りてくる感じなのかもしれません。

ただ、この教会の裏手の山に諏訪神社が。
案内してくれた方が、諏訪神社にご縁があるということでお参り。
すると、そのわきに更に山頂に向かう参道がありまして….。どうやら、山頂に金毘羅さんがあるようでしたが、ちょっとした登山になりそうだったので、ここで失礼いたしました。笑

次は竜洞山へ向かいます。
ここは、楊貴妃伝説があり、突然雷と共に現れた龍が楊貴妃をくわえて飛び去ったという伝説があります。
その龍が現れたという「竜の穴」があります。
穴は2つあるのですが、この穴に犬が入って、島の反対側に出てきたという話もあったりします。確かにどのくらい深いのかわからないくらいの穴です。
ただ、人が通れるほどではないので、確かめてはいないようです。笑

ただ、ここはパワースポットと言っていい、良いエネルギーが出ている場所です。
強いエネルギーではないですが、ジワジワ効く感じですので、時間があればゆっくり1時間以上いれば充填できると思います。
キャンプ場も併設しているし、なんにしても景色の良いところです。

今度は、天草でもおすすめスポットの一つである三天宮へ。
ここは、エイに乗って弁財天がやってきたと言われているところ。
弁財天と聞けば、もうご挨拶にいかないと!!


絵馬がエイの形をしておりました。笑

弁財天にお参りをして、ふと横を見ると、左右の灯篭の上に砲弾が!!
何故かはわかりません。ただ、固定はしておらず、ただ乗せてあるだけです。
倒れて落っこちたりしないのかしらん。

少し上がると、景色が開けて大展望が広がります。

何となく曇りな天気でしたが、この時は雲間から陽が射してきて、とても綺麗でした。
場所としても、浄化のエネルギーが強い場所なので、ここで景色を眺めているうちにスッキリする方も多いのではないかと思います。

三天宮の近くに、海水から火を一切使わず塩を作っているところがあるというので、行ってみました。
「自然食品研究所」という、海っぺりにあるのですが、完全天然塩「はやさき」を製造、販売しています。
他にも「にがり」や、味噌、歯磨きや化粧水まで売っているそうです。

ポンプでくみ上げた海水を、木で組んだ家の骨組みのようなもの(櫓というらしい)にかけてあるネットにかけ流して、循環させて濃縮した後に、こんどはハウスの中で太陽光で乾燥させて塩を作るとのこと。一切火を使わないので、もう海水の成分そのままの塩です。
舐めてみると、本当にまろやかな味です。塩辛さに角が全くない感じ。
もう在庫も少なく、次に出来るのは3ヶ月後とのこと。
自分用とお土産用に、この塩を使ったごま塩も買っちゃいました。

そんな感じで初めての天草なのでした。
天草は古い街でもあるためか、伝説も多くて、パワースポットも多いところです。
特に海に近いところは、海からのエネルギーと陸からのエネルギーがまじりあっている感じで、独特のエネルギーで満ちています。
面白いところです。

またゆっくり来きたいなぁ、と思うのでした。

魚も美味しいし、あのちゃんこ鍋もまた食べたいし…。笑

翌日は阿蘇を回ったのですが、長くなったのでまた次回。

アクセス・バーズについては、今回のように複数人数でのお申込みでしたら、地方出張も承れます。
3人以上でしたら、交通費をご負担いただければお伺いできますので、ご相談いただければと思います。
宜しくお願いいたします。

**★☆★☆ブログランキングに参加してます!★☆★☆**
**★☆★☆ポチっとしてくれると喜びます!★☆★☆**


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com