今年の12月はエネルギーの転換点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さすがに朝晩は寒くなりましたが、日中は妙に暖かい日があったり、寒暖差が大きいですね。
風邪などひかぬよう、ご自愛くださいませ。

しかしまあ、風邪など引いている余裕はないこの12月です。

12月に入るや、打合せだ、忘年会だと、どんどんスケジュールが埋まってゆき、その上、Web制作の方も同時進行で3件。汗
ちょっと、あっぷあっぷ気味です。笑

11月の終わりくらいの頃は、まあ、やや忙しくなるかな、くらいにタカをくくっておりましたら、12月になったとたんに、なんだか全力疾走しないといけないの?くらいになり、走ろうかと思ったら、食あたりで大コケするという。笑

気がつけば、もう12月の1/3が終わってますよ。汗

ただ、感じているのは12月に入って、いよいよ世界が変わったということ。

エネルギーの流れが力強くなっているんですね。流れ自体はそれほど速くなったわけではないのですが、エネルギーの密度というか量が格段に増えた感じ。
ギュッと凝縮したエネルギーが大きな河の流れのように押し寄せて、流れてゆくような感覚があります。

なので、いろんな事が次々起こるのですが、これが違和感がないのです。
起きたこと自体には最初ビックリするのですが、自分の中のどこかでは予定調和で起きていることのように感じているんです。

世界のエネルギーの波動が上がっているので、感覚的にも次元上昇に近いものを感じているではないかと思います。
これがアセンションというものなのかと。

前にもお話ししましたが、アセンションは何も世界が突然一変するようなものではなくて、それそれ個人個人の中で起こるものなのです。
正確には、その人それぞれの世界が、自分の内面と外界が近づくことで変化してゆくと言った方がいいかもしれません。

この世界はそれぞれが選んだパラレルワールドの重なり合っている部分です。なので、重なり合っている人とは世界が同じように見えるし、共感もできる。
その重なり具合で共感の度合いが違うというわけです。

なので、個々のパラレルワールドでの波動が上がっていくと、重なり合いの部分にも影響されて変化してゆくわけですね。

元々、魂は高次元の存在ですので、本来の波動は高いのですが、この世(3次元)に降りてくるために、ブロックを抱え、波動を下げた状態です。
そこで、取り巻くエネルギーの波動が上がってくると、重しとして抱えていたブロックのいくつかは必要なくなりますので、捨ててしまいます。
そうすると、幾分高次での状態に近づくんですね。

高次の世界は、望めば何でも手に入ります。思うだけで具現化します。
他の人の思うことも手に取るようにわかってしまうから、嘘をついたり取り繕うようなことも必要ありません。
そのような状態に、少しだけ近づいて行っている状態です。

11月の終わりから12月の初めを境に、いわゆる引き寄せがしやすい状況になってきていると言ったら、分かりやすいでしょうか。

ただ、基本的には3次元ですので、自分の望むものは自分で行動して得られるものというルールは前提になります。
その行動から結果への過程が力強いものになっているのです。

これは、魂の望んでいる方向になればなるほど強くなります。
それと同時に、顕在意識と潜在意識、魂の距離を縮めることがしやすくなっているので、実感としての達成感や満足感がより深いものになってきます。
その一方で、魂としては至極当然の結果であり、そうあるべきものなので、それほど意外なものでもなく、妙にはしゃぐ感じでもないのです。

じんわりあったかい炭火みたいなもんですかね。笑

だからって、自分も変わらなきゃ、とか、いつも通りにせわしい12月だわい!とか思う必要はないですよ。
人によってそれを感じるタイミングも違うし、感じ方だって千差万別です。自分なりに少しづつ気が付けばよい話です。
ただ、これを読んでくれた人が、「ん!?」と思ってくれるきっかけになればいいなぁ、ということなのです。

そういう意味で、今年の12月はいつもの12月とちょっと違うぞ、ということなのでした。

**★☆★☆ブログランキングに参加してます!★☆★☆**
**★☆★☆ポチっとしてくれると喜びます!★☆★☆**



にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com