牡蠣に当たった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日一日、ベッドで苦しんでおりました。汗

どうやら牡蠣に当たったようです….。

金曜日に友人と自宅で鍋やったんですね。
主に魚介中心にしようと、スーパーで食材を探していると、広島産の大粒の牡蠣が。

今日は牡蠣がメインだ!といそいそを他の材料も買い込み、いざ鍋開始。

美味しかったですよ!笑
しっかり堪能して、その時は大満足でしたが…..。

翌日は普通に生活しておりました。
普通に食事もしてましたし、全く普通の土曜日でした。

が、

そのまた翌日の朝、なんとなく体調がおかしい….。食欲もあんまりないなぁ、と、ちょっと大事をとって朝食はお粥にしたんですね。

それから2時間ほどしたころから、もうお腹が急降下も急降下。
だんだん身体もダルくなってくるし、熱もなんとなく上がってきたし…。こりゃ何かに当たったなぁ、と友人に連絡してみると、やはり友人も同じ症状とのこと。

最初は、土曜日の夕食に食べたお好み焼きかなぁと思ったのですが(つなぎの山芋が妙に生っぽく感じたので)、もしかして牡蠣か!?とGoogle大先生に聞いてみると、牡蠣の食中毒はノロウィルスによるものが多くて、潜伏期間は12時間から48時間。ビンゴ!これだ。

そんなわけで、昨日一日、水のみでベッドとトイレの往復をしながら過ごしておりました。 (^ ^;

ノロウィルスに対しては特効薬もなく、特に治療法がないので、脱水症状にならないよう水分補給をしながら過ごすしかないのです。
悪いものは早く全部出さないといけないので、絶対に下痢止めは飲んではいけません。

私の場合、比較的軽症で、腹痛も嘔吐もなかったのですが、水も受け付けないほど酷い場合は病院に行きましょう。
点滴による水分補給が必要になります。

幸か不幸か、私は一人暮らし、友人も一人暮らしなので、一人でいる限りには家族など他の人に感染すことはありませんでした。

それでも、昨日の夜遅くにはだいぶ楽になり、イチゴを4つほど食べられるようになりました。(^ ^)
で、今朝起きてみれば、ダルさもほとんどなくなりましたし、お腹も通常運転。良かった良かった。

牡蠣は加熱用だったのですが、火が入りすぎて固くなるのが嫌だったので、割と早めに食べてしまったのが敗因かと思われます。
加熱用の方が旨みも多いのですが、やはりしっかり熱を入れましょう。汗

一日断食なんて、膵炎で入院した時以来だなぁ(あの時は水もなしでしたけどね 笑)なんて呑気に考えたりしてました。笑
でも、先月は忙しくてジムに行く回数が半分くらいになってしまって、ちょっとお腹周りの脂身が気になりだしていたところなので、ちょうど良かったかな?
(なんて、こんな体を張ったダイエットはやはりいけません。笑)

牡蠣に当たったのは、中学生の時以来ですね。
その時は、もう七転八倒の苦しみでしたが、今回は軽くて良かったです。

牡蠣に限らず、ノロウィルスによる食中毒は寒い時期に多いと聞きます。
手洗い、うがいを欠かさず、注意しなければならない食材はきちんと火を通しましょうね。

えらい目にあった、師走の初めでした。

**★☆★☆ブログランキングに参加してます!★☆★☆**
**★☆★☆ポチっとしてくれると喜びます!★☆★☆**


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com