モノにも意識はあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いやいや、いよいよ寒くなってきましたね。
小春日和の日もありますが、朝晩に限らず昼間も気温が上がらない日が増えてきました。
気温の変化に身体が付いていかなくなってくるので、あったかくしてお過ごしくださいね。

さてさて、「モノにも意識がある」と言ったら、「んな、馬鹿な!」と思う方、「そうそう!あるよね!やっぱり!」という方、両方居られるかと思います。
まあ、「う~~~ん、そんな気もしないでもない。」という方も多いかとも思います。

結論から言うと、「モノにも意識はある」と私は思っています。

 

 

ウチには、ギターが8本居ます。(笑!)
そのうち、メインと言えるものが2本、サブメインと言えるものが2本なのですが、メイン2本はそれこそ机のすぐ脇に置いてあって、TVを見たりしているときやラジオで気になった曲が流れたりしたときなんかにも、何気なく手に取ってぽろぽろ弾いてます。

サブメインの2本は、どちらかというとHRなんかの激しい曲向きのものなので、ここ10年ほどあまり活躍の場もなく、たまに気分転換(?)に手にする程度でした。
正直、メイン2本が割とオールマイティなので、なおさらだっただったのですが…。

ところが、最近、Def Leppard なんかのHRに心傾いておりまして、おまけにHR/HMは半音下げチューニングの曲が多いんですね。
で、サブメインの1本を半下げチューニングにしています。
このギター、実は高校に入って初めて手にしたギターなんです。が、改造に改造を加えて、今や元のパーツで残っているのはボディとフロントピックアップ、ケーブルを挿すジャックくらいです。笑 塗装も高校の先輩に空軍迷彩に塗り替えてもらいました。笑笑

で、このギター、久しぶりに弾いてみると、なんだか鳴りが悪い。
アンプを通さず弾いてみると、どうにも音に力がないというか、あんまり伸び伸びしていない。ボディもあんまりよく鳴ってない。
「やっぱり、メインの2本みたいにはいかないかなぁ。」とも思いつつ、まあ、練習に使うなら別にいいでしょ、と弾いておりました。

アンプ(というかエフェクター→ミキサーというシステムですが)を通しても、やっぱりイマイチな音。ハリがないというか、浅い音なんですね。

それでも、メインを半音下げにするのも面倒だし、しばらく弾いてました。
するとですね、ある日、気が付くんです。

「あれ?ずいぶん音良くなってない!?」

エフェクターも特にこのギター用に音作りもしてません。むしろメインに合わせてます。
でも、明らかに音が良くなってる!艶が出てきてるんです。音に。
特に、歪みを控えめにして、コード感がちゃんとわかるようなセッティングでのフロントピックアップでの音なんて、またメインと違ったチャリーンとした音で、素晴らしい!

そこで、ギターに意識を合わせてみました。

明確な言葉で返ってきたわけではないのですが、

「音を出す感覚が戻ってきた」
「今までは少し縮こまっていたのだけれど、のびのび手足を伸ばして音を出せるようになってきた」
「あなた(私のこと)に合わせることを思い出した」

という感覚が伝わってきました。で、

「音を出すのが楽しい♪」

と最後に。

本当に久しぶりに生音でなく、システムを通してエレキギターとして本来の音の出し方で弾いたことで、ギター自身も昔の感覚が戻ってきたようです。
正直こんなに変わるものかと驚いています。

本当に最初はショボショボの音で、「やっぱりこの子が外に出ることはもうないんだろうなぁ」と思っていたくらいですから。
今は、十分ステージで使えます。エフェクターもこの子に合わせたセッティングにしてあげればもっと光ると思います。
(が、本人からは「いらない、いらない、今の感じで十分!」とも伝わってきますが。笑)

弾いていると、私の波動とこのギターの波動が上手く共振しているのが判ります。ギターが合わせて来てくれてるんです。

こんな感じで、特にギターとか車とか、それなりに思い入れがあって長く付き合っているモノは意識を感じやすいです。
潜在意識の部分で会話をしているので、ちゃんと合うと顕在意識でもなんとなく感じることができてきます。

日本人はそれこそ太古から、この世のもの全てに神が宿ると信じてきました。
「八百万の神」というやつですね。

神としてしまうと、ちょっと大袈裟になってしまいますが、それぞれに意識を持っています。
顕在意識で感じることが難しいので、どうしても信じがたくなってしまいますが…。
でも、モノに触れる時、私たちはみんな潜在意識でそのモノと会話をしています。(正確にはエネルギーの交換/交流ですが)
そうやって、自分に合うもの合わないもの、好きなもの、嫌いなものを本能的に感じるんですね。

しかも、長く存在して、自分のそばにあるものは、モノの波動を自分の波動に合わせてきてくれます。
これが、「肌になじむ」感覚です。もちろん自分もそのモノに合わせにいっています。そうやってお互い寄っていって馴染むんですね。

自分のお気に入りのモノ、ペンでもいいし、カバンなんかでもよいし、一度意識してモノに意識を向けてみると、語りかけてきてくれるかもですよ!

 

**★☆★☆ブログランキングに参加してます!★☆★☆**
**★☆★☆ポチっとしてくれると喜びます!★☆★☆**


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com