ワンダーランド ~過去記事~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、この世は遊園地みたいなもの「この世はワンダーランド」というお話をしました。

魂が本来いる高次元の世界では、時間の観念がないので、望めばなんでもその瞬間に手に入ります。
また、思ったことはその瞬間に他の人に伝えることが出来ます。
時間に縛られている3次元の我々からすれば夢のような世界ですが、そんな世界にず~~っといると、その夢のような状況が当たり前になり(まあ、どちらかと言うと3次元世界の方が特殊なんですけれどもね。笑)、何も刺激のない状態になってきます。つまりは「飽き」てしまうのですね。

そんな刺激もない状態では、新たな体験をするのも難しいし、失敗もないので魂の成長も見込めないわけです。
そこで、志願して3次元であるこの世に転生することを決めるわけです。

ただ、高次のままではいかんせん3次元では暮らせない。波動も違えば当然3次元独特のルールもあります。
なので、転生を行うに当たって波動を下げる調整が必要になります。

たとえば、最も大きな違いである「思えば何もかも現実化する」という状態を、「思って実現化するためには、手段と時間を必要とする」状態に合わせる、とか。
この調整を行うのに背負わされるのが「ブロック」です。このブロックがあるから、なかなか3次元世界では願望が現実化しにくいわけです。

「じゃ、ブロックを全部外しちゃえば、なんでも思い通りじゃん!!」
と思う方もおられるかと思いますが、言ってしまえばそのとおり!でも、その状態では3次元世界に存在すること自体が出来なくなります。波動が違い過ぎて見えないどころか、その場にいることすらできなくなります。

なので、ある程度のブロックは必要なんです。
ただ、余計なものというか、もう必要なくなったブロックは外すべきだと思います。もう解消してしまったカルマとか、逆にブロックがあるから解決できないテーマとかにはもうブロックは必要ないのです。
(カルマは解決されれば大抵は自然にブロックも外れますが、たまに大きすぎて外れきれない場合もあります)

また、現在進行しているアセンションによって地球全体の波動が4次元に近づいていますので、今までの3次元どっぷり状態のブロックでは重すぎるというケースが増えているようです。
そんなわけで、ここ数年でブロック解消の方法やセッションが増えているのです。

さて、そうやって3次元向けの調整を行いますが、その前に今世のテーマを決めなければいけません。
今回の人生で達成すべき目的を決めるわけです。それは魂の成長につながるものです。
そして、そのテーマにそった人生の設計図(計画書)を作ります。この時について一緒に設計図作りを手伝ってくれるのがメインガイドを中心としたチームです。なのでメインガイドはその人生で変わることはありません。

設計図も出来て、波動調整も終わって、さてワクワクしながら転生してゆくわけですが、その際に高次での記憶は基本的に潜在意識の奥深くに仕舞われます。3次元世界での顕在意識ではそうそう簡単に見ることはできません。

特に幼い子供が生まれる前の記憶を持っていることがよくあります。
あれは、幼い子供はまだ顕在意識が薄いというか、しっかり固まっていない場合に潜在意識を覗けてしまう場合があるんですね。自分ではもちろん意識していませんが、顕在意識と潜在意識の境があまりはっきりしていないので、潜在意識の中の転生前の記憶を持っていることは、本人とっては当然というか普通のことと感じています。

で、なぜ高次での記憶を封印するのか。
それを覚えていると3次元で魂を磨くのに邪魔になるからです。ある意味、高次の存在であれば3次元での問題解決の方法などはいとも簡単に判ってしまいます。それではせっかくなかなか現実化しないことを楽しみにしてきたのに意味がない。
また、3次元では「思って実現化するためには、手段と時間を必要とする」状態がルールですから、高次でのルールを覚えていると、その差から負のストレスを常に感じてまうことになりかねないですしね。

というわけで、基本的に魂がこの世に転生してくるのは、高次の世界に飽きちゃって、楽しむためあえて不自由な3次元にわざわざ波動を下げて、ブロックなんて重石まで抱えて遊びに来ているわけです。笑

そうなると、この世での顕在意識の持ち方は基本的にポジティブに、苦労や嫌なことがあれば「ああ、これは魂が楽しむためのものなのね。」と一歩引いて見ることもできます。

なんせ、設計図通りにアトラクションをクリアできれば、その人生大成功なわけですから。

 

**★☆★☆ブログランキングに参加してます!★☆★☆**
**★☆★☆ポチっとしてくれると喜びます!★☆★☆**


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com