orangeとパラレルワールド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

再びパラレルワールド&アニメです。笑

アマゾンのプライムTVで、何気なく選んだアニメが「orange」。
これまた、「君の名は。」と同様に恋愛ものですが、こちらはもう始めからパラレルワールドと真正面に向き合ってます。

「orange」は、男女5人がそれぞれ10年後の自分からの手紙を受け取るが、その内容は当時一緒に居た親友を救って欲しいという内容のもの。
彼らは未来を変えるべく、手紙の内容をたどりながら進んでいく、というもの。

また、これがなんでまたパラレルワールドものを観せるかなぁ。

パラレルワールドは、量子力学でも理論付けることのできる世界。
量子力学では、全ての事象は「可能性」という、「有る」でも「無い」でも状態で存在しており、それを選択することによってはじめて、「有る」状態もしくは「無い」状態に固定される。

ということは、可能性の状態から選択するのは自分自身なわけで、したがってこの世は自分自身で創り出した(選択した)ものと言えるわけです。

私たち3次元の存在は、「時間」だけはどうにも出来ません。3次元に居る限り、時間は過去から未来へ流れることは不変です。
その流れの中で、瞬間瞬間で選択をしながら進んでいきます。つまり瞬間瞬間で、いくつもの選択肢(=可能性)があるのです。
どの選択肢を選ぶかは自由。選択するたびに枝分かれしていきます。つまり選択をしても、選択しなかった事象は可能性として存在しており、その中で生きている自分もいるわけです。

その選択は、3次元に降りる前から始まっているわけで、生まれながらの条件はその選択によって決まっているわけです。
(ただ、4次元以上の高次においては「時間」はどうとでもなるものなので、選択の意味合いがちょっと違ってきますが、それを話し出すととんでもなく長くなるので、追々、ちょこちょこと。笑)

つまりは、全ての可能性において自分は存在しており、今、「ここに居る」のは無限にある可能性のうちの1人だということです。

しかし、今、地球全体の波動が上がり、次元上昇を行っている最中。これはパラレルワールドの乗り換えが可能になってきているということです。
以前、「引き寄せ」は実は「自分が寄って行っている」ことだと話したことがありますが、まさにそれが近いものだと言えます。
今までだったら選択した結果の流れを変えることは非常に難しいことでした。それが次元が上昇することによって、流れを乗り換えることが、以前より少ないエネルギーで可能になってきているのです。

これは、判りやすく言えば魂の望んだことが実現しやすくなっているということです。
顕在意識のパワーでは、現状でもとてもパラレルワールドを乗り換えることは出来ませんが、潜在意識~魂の力でなら可能になってきます。
なので、本来魂の向きたい方向を探っていくことは非常に大切なことになってきます。
まあ、顕在意識をもっている私たちにとってはなかなか容易なことではないでのすけれども….。

その第一歩が、勘を高めること。そのためには浄化が大事。と、いつもの話に帰着するわけです。笑

それと、まずは自分を認めること。良いでも悪いでもない、そこにいる自分を自分で受け入れてあげることです。

と、こんなことを書かせたいが為に、高次の存在のお歴々はパラレルワールドもののアニメを観せたわけですな…。笑

あ、「orange」ですが、原作がマーガレット連載の少女漫画ということもあって、「君の名は。」以上に甘ったるいです。
もちろんそういうのも嫌いじゃないので、観ちゃいますけどね。笑

 

**★☆★☆ブログランキングに参加してます!★☆★☆**
**★☆★☆ポチっとしてくれると嬉しいです!★☆★☆**


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com