スピリチュアルと量子力学 ~過去記事~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スピリチュアルな世界が量子力学によって科学的に表され始めていると感じた話です。


かなりメンドクサイ話です。笑

あるニュースサイトで、量子コンピュータが実現しつつある、という記事を読んだのですが、

・現在のコンピュータは0と1の組み合わせで計算をしている。
・量子コンピュータは0と1の他に「重ね合せ理論」を使用して、現在のコンピュータを遥かに越える高速計算が可能。

ん???「重ね合せ理論」??

調べてみると要は、例えばリビングの自分の目の前のグラスが、キッチンにも同時に存在している、という理論。

ん!?これって、高次の世界での話にもあるよねぇ。
高次の世界には時間と空間の概念がないので、過去生と現在の自分が一緒に存在している、という話。

ちょっと興味が湧いて、更に突っ込んで調べてみました。

量子力学の世界での「重ね合せ理論」は。端的に行ってしまえば未確定状態の確率としての状態のこと(と私は理解しました)。
「シュレーディンガーの猫」という思考実験が有名らしいのですが、

一匹の猫が「生きている」のと「死んでいる」のとが同時に存在する

という状態を持ってきて、量子力学の「重ね合せ理論」の物理理論の矛盾を説明したものです。
元々、二重スリット実験によって、一つの粒子が2枚のスリットを通った後に同時に複数の粒子が通った痕跡を残したことを説明するために生まれた「重ね合せ理論」でしたが、併せて「シュレーディンガーの猫」という思考実験も行われました。

「シュレーディンガーの猫」を巡る考えでは、

現実世界の中で、猫が生きているという状態を1とすれば、死んでいる状態も1として表せる。
しかし、生きている状態と死んでいる状態が同時に存在すれば、総数2となりそれはありえないというもの。
まあ、当たり前といえば当たり前ですね。笑

しかし、量子力学の世界では、猫が生きている(だろう)状態を0.5、猫が死んでいる(だろう)状態を0.5とすれば、その総数は1となり現実世界と矛盾しない。(現実世界では、半分生きている=0.5 半分死んでいる=0.5という状態であればよい。常に1の状態しかないので、総数1であれば矛盾しないであろうというもの)
ここで、重要なのは(だろう)ということ。つまり確定していない状態を正とするというのです。

ちょっとこれは、あまりに中途半端というか、納得しがたい理論だとも思います。

そこで、別の解釈として、粒子が波としての性質を持つというもの。
粒子は波としての性質をもてば、結果的に複数同時に存在するような波及効果を残せるというもの。
例えば、光が粒子であり、波でもあると学生時代に習った方もいるかと思います。

これを読んでハタと思いました。
スピの世界では、全ての物はエネルギーである、という話。

なるほど、と妙に納得しました。
エネルギーは波動にも置き換えられます。つまり波。振動です。

スリット実験からの考察で、電子が振動しているから、その痕跡を複数あるが様に見せた。つまり波として振動したからです。

そもそもが量子、粒子という概念が間違っているのかも知れません。
振動しているエネルギーを観測するとあたかも塊というか粒に見えた(認識できた)だけなのかもしれません。

と、非常にややこしい話をしましたが、何が言いたいかというと、実は最先端の科学である量子力学は案外スピリチュアルな領域に非常に近付いてきているのではないかと思うのです。

これからは科学、それも未知の領域を探求する科学には、スピリチュアルの観点がブレイクスルーになるのではないかと、とっても思うのです。

面白いなぁ….。

あ、もちろん、私は物理学者でもありませんので、あくまで私的な見解ですので、あしからず。笑

**★☆★☆ブログランキングに参加してます!**★☆★☆
**★☆★☆ポチっとしてくれると嬉しいです!★☆★☆**


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング

パワー水素 イラチューカプセル90

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com